頭痛と家族

おはようございます。 

 

今日は 蒲郡から伊豆に移動して 1週間かけて、 認知行動療法の研修会参加してます。

 

頭痛がなくなったら イメージしてもらえましたか 

すぐに イメージができなくても、これを行うことは 頭痛治しの第一歩です

 

できるだけ リアルに それも楽しいと思えることがいいですね

「・・・・ねばならい」みたいなのは 今回は ちょっとご遠慮頂いてね

 

もうだいぶ古い話になりますが、故・渥美清さん演じる寅さんが 妹のさくらやおじちゃんに旅先の楽しい話や時には悲しい話をするシーンよくありましたよね

 

本当にリアルで 声色までかえながら 熱演する寅さんという人物像は

本当に大好きですね

 

話がそれましたが それぐらいリアルなイメージがいいですね

是非 毎日 イメージしてください

 

さて 前置き長くて 本題の「家族と頭痛」の話です

 

頭痛患者は全国に3000万人もいるということです

大きく分ければ、片頭痛840万人と 筋緊張型頭痛などが2200万人

 

えー そんなにいるの?と思った方は 自分の頭痛のことを周囲の人に

あまりお話していない方かもしれませんね

 

もしかしたら 家族にも。

 

特に片頭痛は 家族性 いわゆる 遺伝が強く出やすい頭痛です

 

たとえば 私の母は 片頭痛でした、そして母の母(祖母)も。

私は4人兄弟ですが 姉も頭痛もち。先日知ったんですが 兄も頭痛

妹は頭痛なしです。

 

姉は2人子供がいて、長女が頭痛持ちです

 

どうですか? すごいでしょう!

 

片頭痛が遺伝する 特に女系で遺伝しやすいです

 

頭痛を知る の第1回は 頭痛家系図を作ってみてください。

 

そこから 何を感じるか、何が得られるかもありますが、自分と同じように

頭痛で苦労していた家族がいたことすら知らなかったことは発見です

 

私も57歳にして 兄(64歳)が頭痛持ちだったことを2ヶ月前に知りました

 

痛みを分かち合える?と 家族の絆が 深まるかも?しれません(笑)

 

次回は 片頭痛についてもう少し解説していきますね

 

ウエルネスをデザインしましょう!