光による頭痛

みなさん 週末はいかがお過ごしでしたか 

 

秋の食欲に負けて体重増加がとまらない ウエラボ頭痛整体院 木村友浩です。

 

すっかり秋らしくなって、山梨県北杜市長坂町周辺は 田んぼの収穫準備真っ最中です。もうすぐ新米の季節なので、気を引き締めなとまた食欲が止まらなくなる・・・

 

ちなみに北杜市は お米の大変おいしいところで、ここ4,5年連続『特A』の食味ランクを獲得しています。『梨北米』や『武川米』など食べたことない方は、この秋是非一度トライしてくださいね

 

 

  

 さて、空気も爽やかで外出が多くなる秋 日光もしっかり浴びることになります。空気も澄んできて、まだまだ紫外線が強いんですよ

 

そこで注意したいのが、光が刺激による片頭痛発作です。光で頭痛が始まることに心当たりある方は、季節に関係なく外出時はサングラスをお勧めします。

 

 光の中でも特に青系統の『ブルーライト』が片頭痛を誘発すると言われています。

 

以前は 赤褐色系のサングラスがいいとされていましたが、最近の研究発表では緑色系のサングラス(レイバンモデルみたいな)がよいとされています。

 

『ブルーライト』って? ちょっとおさらいですが、紫外線付近の青色系統のものがブルーライトと呼ばれます。波長が長くエネルギー量も大きい光です。

  

 

 

 

太陽光には当然含まれますが、日内変動(朝日、夕日にには少ない)、季節変動も大きく、紫外線量が増える時期にはブルーライトも多くなるので注意してくださいさね

 

また、家の中でも 蛍光灯やディスプレーからでるブルーライトが多いので要注意です。

 

特にスマホ・PCは、ブルーライトによる目の疲れ、猫背による首の肩の緊張も加わり、頭痛の原因になります。お子さんのゲーム機器も要注意ですね

 

長時間の連続利用避け、休憩と体操などこまめに実施してください

 

 

 

ちなみに PC、スマホでは ディスプレーモニターの色調設定で 青色を抑えることもできますので、試してみてくださいね

 

 

使わなければならいもの、楽しく便利なものなので、賢く使って

頭痛のない 楽しい秋に備えましょう。

 

 

ウエルネスデザインしましょう!