自律神経と頭痛

みなさん おはようございます 

ウエラボ頭痛整体院 院長木村友浩です

 

今朝は久しぶりの青空です。早朝ウォーキングでは南アルプス、八ヶ岳がきれいに見えていました。さすがに初冠雪にはなりませんでしたが。

 

雨の日は、頭痛持ちにとっては、いやーな気分になりますよね。

頭痛の大敵に低気圧があげられます。

 

気圧が急激に下がる時期は副交感神経優位になって、血管拡張の結果、偏頭痛が起きやすい。そんな経験を多くの方がしていると思います。

 

「また頭痛になったらいやだなー」という不安・恐怖は交感神経を刺激して、筋・血管収縮⇒血流低下⇒頭痛の悪のサイクル(緊張型頭痛と同じパターン)が待っています。

 

ということで、頭痛持ちにとって、低気圧・台風は やっかいな困りものですね。

 

当院で実施している『日だまりショット』では、頸部を刺激することで 自律神経を整え、筋肉も緩めていくことで頭痛を緩和にしています。

ただし、その効果を持続させるには、やはり日常生活が大事になってきます。

 

特に、怒り、緊張、不安・恐怖などがあれば、たちまち交感神経優位な状態が続い、黄色信号点灯です。

 

そこで、来院される方には 早朝ウォーキングを勧めているのですが、これを実施してくれている人がなかなかいない。今のところ、一人だけです(笑)。

 

朝のウォーキングは皆さん 

 

「忙しいので 無理っ!」

 

とおっしゃいます

 

自律神経を整え、セロトニン神経を活性化するのに すっごく効果があるんですけど・・・・・・

 

 

 

 

当院の患者Tさんとの会話です

 

Tさん「先生、やっぱり頭がずーっと ぐわんぐわんと痛いんです!」

院長  「ずーっとですか?痛くない時間がまったくない?」

Tさん「はい、ずーとです」

院長  「5分でもいいから、痛くない時間ありませんか」

Tさん「そうですね・・・そういえば 草むしりしている時は痛くない」

院長  「それですよ!じゃぁ 毎日10分草むしりしましょうか]

Tさん「嫌ですよ 毎日草むしりなんて、他に方法ないんですか」

院長  「Tさんが楽しく、集中できる時間を持ちましょう 何が楽しいですか?」

Tさん「楽しい時間なんてないですよ」

院長  「じゃぁ 毎日 ここに来てください((笑)」

 

こんな会話でTさんと盛り上がったあと、何か良い方法は・・・・・

探していたら、ありました。

 

自律神経研究者でもある小林弘幸先生によると

塗り絵が自律神経を整えるのに非常に役立つそうです

 

塗り絵は、作業に集中できるし、リズミカルで呼吸も整える

塗り絵は、ウォーキングや呼吸法法にも通じるものがあるようです。

塗り絵は、色もきれいだし、創作意欲も湧いてくる

 

「これだ!」と思い、昨日早速発注しました。

 

次回 Tさんに提案するのが楽しみです

Tさん、「塗り絵は嫌いです!」とか言わないでね

 

みなさんも 塗り絵に挑戦してみてください。

やられた方は効果 教えてくださいね

 

ウエルネスをデザインしましょう!