呼吸法 いつするの?

『呼吸法』はいつやるの?

 

 

いよいよ2018年も今日、明日2日となってしまいました

みなさん、お正月を迎える準備はいかがですか

ウエラボ頭痛整体院は昨日で終了しまし、今日は大掃除。

 

2018年 治療に来て頂いた方、セミナーに参加くださった方

本当にありあとうございました。

 

来年は 本格的に『呼吸』をテーマに、自律神経の調整、姿勢改善

セロトニンの改善に取組みたいと思っています。

2019年も是非よろしくお願いします

 

さて、

呼吸法はいつ、何回ぐらいやればいいの?と聞かれます

答えは いつでも どこでもいいですね

 

呼吸は概ね一日20,000回いています

ですから 気づけるときに、呼吸に意識をもっていく

 

基本は吐くから始めます。ゆっくり、長~っく吐く。

お腹を引っ込めて、長~っく吐きます。

 

吐ききること

そして吐ききったら、お腹を緩めて、

鼻から吸うウ

 

リズムをとるとやりやすいです

例えば 8秒吐いて、4秒吸って、4秒停める

 また、8秒吐いて、4秒吸って、4秒停める

 

これを繰り返します。

このリズムは 色々な方法がありますので、

自分にあったものでやってみてくださいね

 

ヨガの呼吸、ピラティス、座禅 色々ありますが

基本は、ゆっくり長く吐く、同じリズムで吐く

そこを注意して続けてくだいね

 

 

「いつやるか?」

「今でしょう!」と言った林先生の名セリフはありますが、

「いつでもいい」です。

 

ただし、決めておかないと結局、いつまでもやらない!

習慣化が必要ですよね

 

また、イライラした時、緊張する場面など 

呼吸法を取り入れると、心が落ち着きます

 

 

『頭が真っ白になった!』それは呼吸が浅くなって

脳の酸欠状態です

是非呼吸法やってみましょう

 

頭痛の予防として、呼吸法を取り入れること

脳で全身の酸素の1/4が消費されます

 

頭が重い時、少し痛い時も、やってみてくださいね

椅子にすわっていても、立っていても、寝ていてもOKです。

 

できれば、静かで落ち着くところが 良いですが

オフィスでも、ファミレスでも構いません

10回~20回、もっと長くでき方は長く

 

では、今日も一日、

息を吐いて~ 緩めて(吸って)、止める

呼吸を意識して、一日をスタート!

 

 

ウエルネスをデザインしましょう。