頭は酸欠しやすい

一回の呼吸で約500ccの空気を吸って、吐いています。

一日約20,000回の呼吸をしています

 

呼吸の主役は『肺』のように思いますが、肺は ゴム風船のうに

通常は縮まったものです

 

横隔膜が下がり、肋骨が開くことで胸腔内が陰圧になり、

風船が膨らむように空気が肺に入ってきます

 

『気胸』という病気がありますが、これは胸に穴が開き

胸腔内の陰圧が保てなくなり、肺が縮んでしまい

息が出来なくなる状態です

 

時代劇で、処刑衆が貼り付けられて、槍突かれるシーンがあります

あれは、気胸と同様に 胸を刺して、窒息死させているのだと思います

 

 

 

 

 

呼吸には「外呼吸」と「内呼吸」とよばれるものがあります

外呼吸は 肺に吸った空気をから酸素をもらい、

血液中の二酸化炭素を放出します

 

一方、内呼吸は 酸素を受け取った血液(赤血球)が

体の隅々の細胞まで届いて、細簿に酸素を渡して、

二酸化炭素を回収してくる呼吸です

 

最終的には、末端の細胞で、ミトコンドリアが酸素を使ってエネルギーを

作り出すのので、酸素が欠乏すると エネルギー不足になり

細胞は活動できなくなり、最終的には壊死してしまいます

 

脳は、全体の1/4の酸素を消費すると言われていて、

酸欠に陥りやすいのです

 

肩こりが酷くて 脳に行く血流が低下したり、低酸素状況(高山病)で

頭痛がしやすくなします

 

ですから、頭痛体操、肩こり体操などの運動はなるべきこまめに

やれば それだけ 効果的です

 

「体操してますか?」と尋ねると

「忙しくて、一日一回ぐらい・・・・」とのお返事が多いですが

是非、なるべくこまめに 酸素供給してあげてくださいね

 

月曜日は、呼吸をテーマにお話をしていきますね

それでは今日も元気で行ってらっしゃい

 

ウエルネスをデザインしましょう!