新型コロナウイルスで重症化しない方法とは・・

 

新型ウイルスを心配しながら渋谷に行っていた

ウエラボ頭痛整体院 木村友浩、59才です 

 

人ごみが心配なので、マスクス、抗菌ティッシュ持参

手洗いおよびアルコール噴霧を几帳面にやりました

 

電車ではなるべくつり革つかまないようにしたり

花粉症で目が痒くなって触わらないようにしたり

 

田舎者が東京行くのも気を使います(笑)

 

 

リスク回避は大事だけど、限界がありますね 

それより、ウイルスに負けない体力、自己免疫強化かな

 

ということで、今日は免疫強化策をご紹介します

 

・免疫を上がる食べものを取る

・睡眠をしっかりとる

・ミトコンドリアを活性化させる

・体温を上げる

・血流をよくする

 

これって、頭痛に良い生活とほとんど重なってる

 

この中から今日は『体温を上げる』に注目!

 

最近、冷え性&低体温のヒト多いよね

食事や不規則な生活をしている人が多いし

 

頭痛患者さんって、お風呂に入らないひとが多い

「頭痛が酷くなると嫌だからシャワーだけ」って人ね

 

 

でも、実際に風呂に使って頭痛がひどくなった?

って質問すると、ひどくなった経験は意外と少ない

 

 

頭痛の初期段階では改善する場合も多いので

お風呂による血行改善は是非お勧めです

 

 

お風呂に入って、体温UPの効用はズバリ

HSP】ヒートショックプロテインの増加

 

HSP・・??という方も多いと思いますが、

HSPが自然免疫を強化します。

 

インフルエンザ、コロナウイルス、SARSウイルスなど

ウイルスは、どんどん進化してきます

 

効果的な治療にはまだしばらく時間も必要だし

発症してから治療するよりまず、感染しないが得策

 

 

ということで、本来もっている自然免疫を活用する

それが病気にならない生活の知恵です

 

 

 

それでは、HSPの研究の第一人者 伊藤要子先生の

研究成果から HSPを増やす入浴方法を紹介します

 

舌下温度が38℃になるように入浴する!

 

そのためには入浴温度と時間は

42℃:10分、41℃:15分、40℃:20分

 

 

そして、大切なことは、湯上り後体温を保持すること

 

湯冷めしないように、すぐに暖かくして、

体温37℃を10分以上保持する

 

これで、HSPが増加します!

風呂場、脱衣室も温めておくとよいですよ

 

 

 

水分補給はしっかり!

ただし、湯上り後の飲み物は暖かいもの!

缶ビール “プシュ~”はお預けですね

 

 

熱いシャワー―では体温上昇効果は期待できません

湯船につかりながら、かるい体操もいいです

 

 

ウイルス対策&頭痛予防 ダブル効果入浴方法

もちろん、入浴剤や水素をいれればより効果的です

 

 

是非、HPSで新型ウイルスに負けない体づくり

始めましょう

 

今日は、新型コロナウイルスで重症化しない方法を

紹介しました。

 

ウエラボ頭痛整体院 木村友浩でした