朝 頭痛で学校にいけない!起立性調節障害かも?

 

朝、頭痛・めまいで学校にいけない! 

そんな中学生・高校生が最近よく来院されます 

 

コロナ自粛で怠けクセがついたと決めつける前に 

『起立性調節障害」を疑ってみる必要があります 

 

 

山梨県甲斐市の頭痛・めまい専門治療院 

ウエラボ頭痛整体院 木村友浩です。 

  

今日は、起立性調節障害(OD)の原因と対策をご紹介します 

 

はじめに、次の項目をチェックしてみましょう 

 

□ 立ちくらみやめまい 

□ 起立時の気分不良や失神 

□ 動機や息切れ 

□ 朝起きられず、午前中に調子が悪い 

□ 顔色が青白い 

□ 全身に倦怠感がある 

□ 食欲不振がある 

□ 頭痛がある 

□ 乗り物酔いをしやすい 

□ 夜になかなか寝付けない 

□ イライラ感や集中力の低下 

 

いかがでしたか?3つ以上当てはまるなら 

ODがの可能性があります 

 

朝起きれない、頭痛がする、息切れがする、立ち眩みがする 

腹痛がある、顔色が悪い、車酔いしやすい・・・・ 

 

 

こんな症状で、午前中とく症状が強くでるので 

学校に行きたくても、体が起きれない、 

起きようとすると、めまいがひどい 

 

その結果、怠けていると 親に怒られたり、 

遅刻して午後から学校に行って、嫌な思いをする 

 

家に帰るとまたお母さんに 

スマホばかり見てるからよ、ちゃんとしなさい! 

 

こんな繰り返しではストレスも強くなっていきます 

本人だった、行きたいんです! 

 

 

2.起立性調節障害の原因

 

 

起きれない、頭痛、めまいは脳への血流不足が原因です 

ではなぜ、脳血流が低下するのでしょう 

 

 

中学生、高校性の起立性調節障害の原因は主に 

思春期のホルモンバランス急激な変化とストレスです 

 

 

その結、果自律神経が乱れ、 

脳血流低下して頭痛・ふらつきが生じます 

全身への血流低下は、倦怠感として現れます。 

 

また、起きれないので、歩かなくなり、血液を戻す 

ポンプ作用が低下することで下半身に血流停滞 

しやくなります 

 

 

最近中学生が多いのは、コロナ自粛が明けて 

久しぶりに学校にいきたいのに、体調が悪い 

 

 

でも、学校に行かなければならい  

そのことを学校や家庭でも理解してもらえない 

 

これらが重なって、大きなストレスになっていきます。 

さらに自律神経のバランスが崩れてしまいます 

 

 

本人も家族も先生もODを理解してもらうこと、 

改善する方法は・・・・? 

 

 

3.起立性調節障害への対処方法

1)『起立性調節障害』であることを認めてあげる

 ・学校に行きたくないじゃない?! 

 ・怠け病でしょう・・・・ 

 

 

 起立性調節障害になったことがないご両親は 

 お子さんを叱り、無理やり学校にいかせがちです 

 

 

 約10%の子供たちがこうした症状で悩んでいます 

 まずは、ご両親が一番の理解者であることが大事です 

 

 

 おうちは安心 という意識が定着すれば 

 

   症状緩和対策の効果もあがりやすくなります 

2)血流改善は低血圧改善

 血圧が低いことで、心臓より上位にある 

 脳へ血液が届きにくい状態になっています 

 

 これを改善する方法を紹介します 

①ウォーキング(足踏み運動)

 

 特に下半身に行った血液を戻してくるには血管を 

 収縮させて、筋肉のポンプ作用が必要です 

 

 ポンプを働かせるため、歩くことが効果的です 

 特に、朝ウォーキングは 目に光を入れ、セロトニン 

 スイッチを入れるためにも有用です 

 

 めまいがひどいときは 部屋の中で捉まり立ちで 

 足踏みをするだけでもよいでしょう 

 

 

 部屋のカーテンは開けて、朝日を取り入れましょう! 

②水分補給

 血圧が低いと、脳への血液循環が悪くなり、 

 脳血貧血状態になります 

 

 

 一定の血圧を維持するには 水分補給が必要 

 

 一日1.5リットル以上のお水を飲みましょう 

③塩分&マグネシウムの補給

塩分を適度にとることで、血液量を維持しやすくなります 

 

 ただし、塩分を取りすぎると代わりに細胞内Caが増えて 

 痛みや痙攣などでやすくなります 

 

 それを防ぐためにもMgの補給をしておきましょう 

 

 Mgはストレス耐性も高めてくれます 

④血圧をあげる食事 (チーズ・コーヒ-)

チーズのチラミン、コーヒーのカフェインが 

  血管を収縮する作用があるため、血圧をあげ、 

  症状を改善する可能性があります 

 

  ただし、片頭痛のある方は誘発しやすいので 

 

  注意してください 

⑤着圧ソックス

 足に行った血流を戻しやすくする方法として 

 

  着圧ソックスを利用するのも有効です 

3.炎症抑制・血流改善

長引く痛みは炎症が起きえていますので、 

 

  炎症を抑えるたための対策も効果的です 

①脂肪酸バランスを整える

食事をするときに、油の質が重要です 

  サラダ油などオメガ6系の油は炎症を促進 

  亜麻仁油、えごま油などオメガ3系油は抑制 

 

  オメガ6を控えて、オメガ3やお魚を積極的に 

  毎日とりましょう! 

 

 

②水素を吸引する

 

   炎症が起きているときは、活性酸素が発生しています 

   水素は活性酸素と結合して、排出してくれます    

 

   これまで当院では頭痛患者さんに水素吸引をして 

   80%の方が痛みが軽減したと回答されています。 

    

  

   

  以上、原因と対処方法を紹介してきました。 

 

  思春期のお子さんの体調は敏感に反応しやすいので 

  焦らずじっくり治そう というご両親の理解が 

  なによりもお子さんを安心させるお薬です 

 

  できることから、一歩ずつ 進みましょう! 

 

 

  当院では、自律神経を整え、血流を改善する整体 

  食事療法、メンタルトレーニングもおこなっています 

 

 

  ライン、メール、お電話からお気軽にご相談ください