水素吸引でアトピーの腫れが改善!!

 

 

 

 水素吸引1時間。アトピー症状が緩和した!

 

こんんちは!体質改善コンサルタント

ウエラボ頭痛整体院 木村友浩です。

 

 

2020年も残すとこれあと10となりました

今年は『コロナ』で始まり、『コロナ』で終わり?

 

なぁーにもしなかった・・・・なんていうのは

嫌だから、あと10日間、全力で〇○しよう!

 

みなさんの〇○は なんですか

 

僕は、来年は『笑顔流筆文字』で皆さんにの幸せを

応援したいと思っています。

 

ことしやてきたことに『水素』利用があります。

頭痛では7割以上の痛み改善効果がありました。

 

そして、今、アトピーへの『水素』利用を検証中ですが

つい最近の事例をご紹介します

 

 

1時間の水素吸引で赤みが軽減

 

 

 

水素がアトピーに効果が期待される理由

 

アトピーはの原因、メカニズムに関しては、今回省きますが

炎症が起きている細胞内では、多量の活性酸素が発生しています。

 

水素を吸引すると、

活性酸素と水素が結合→水となって排出→症状改善

 

実際に吸引したところ、写真のような変化を確認しました。

 

 

頭痛の場合も炎症がおきているので、水素吸引すると

活性酸素が消去され、痛み軽減しています。

ただ残念なことに、その変化は目には見えません

 

アトピーの場合は、皮膚の変化【腫れ】や【赤み】が見られ、

痒みの軽減したとの感想をもらいました。

 

 

また、へバーデン結節で腫れた指関節が

水素吸引をしたら腫れが改善したことがありました

 

これらのことから、抹消局所にも速やかに水素は到達し、

活性酸素除去→炎症抑制が起きると考えられました。

 

 

水素水と水素吸引の違い

 

基本的には水素の効果は活性酸素除去と考えると

原理は同じです。ただ、吸収さる水素の量が違います 

当院の水素発生器は7~15L3060分で発生します

 

かりに12L水素吸引する場合、吸気時50%ロスし、

つぎに肺にまで到達する水素はその30%、

さらに、吸収循環する水素量はその30%程度と考えると

 

12000㏄×0.5×0.3×0.3540

この水素量は 1ppmの水素水はなら5400L相当

(10L中に1㏄の水素→540×105400L)

500CCの水素水なら10800本分です

 

この計算が適当かどうかは、議論があると思いますが 

少なくとも吸引のほうが1000倍程度の水素量が体を

循環することになります。

 

だから、吸引が活性酸素を消去する効果が高いのです

 

今後、症例を積み重ねてまた、ご紹介したいと思います。

アトピーなどでで、水素吸引を試してみたい方は、

是非ご相談下さいね!

 

是非 コメント欄またはラインからリクエストしてください

↓ ↓ ↓ ↓

 

http://nav.cx/gX9tvLG